日本サブカルチャー研究会へようこそ!

当サイトでは,本プロジェクトにおける日本マンガ・アニメ研究を紹介しています。
周知のように、マンガ・アニメに対しては、ほとんど無数の言説のスタイル・ジャンル・レベルがあります。実作の現場・実践的な立場から、政策論的提言、高尚な哲学的論議まで、ほとんど何でもありの状況です。その中で、意外に「稀少」な立ち位置は、いわば「普通の」学問的アプローチとの接続をはかる方向ではないか、というのが本プロジェクトの出発点となっています。これまでのいわゆる日本学とのつながりももっと開けるかもしれない。その場合、いわゆる「象牙の塔」的なタイプとして閉じこもるのではなく、むしろ、異質な言説が相互乗り入れできる「プラットフォーム」として、学術的アプローチを使って取り組んでいきます。




sr_photo_02.jpg

information